出産にかかる費用はいくら?知っておきたい「出産育児一時金」

出産にはかなり費用がかかるからこそ知っておかなければいけない、出産育児一時金。難しく考えなくてOKです。出産育児一時金についてわかりやすくご説明します!
MENU

出産育児一時金って何?いくらもらえるの?

妊娠、出産は健康保険が使えないので、莫大な金額がかかってしまいます。自己負担なんですよ。このために支給されるものが、出産育児一時金になります。

 

この出産育児一時金は、子供一人当たり42万円もらうことができます。しかし、産科医療保証制度の対象にならない出産の場合は、40.4万円、(H27年1月以降の出産分。H26年12月31日以前の出産分は39万円)となります。

 

もし双子だったら、84万円になります。双子の場合には、担当医から多胎であることを記入してもらうことをお忘れなく!

 

さらに、勤務先の健康保険や、国民健康保険でも住んでいる自治体によっては42万円+αが給付される場合もあるので、お住まいの自治体に問い合せてみると良いでしょう。

 

出産育児一時金は誰でももらえるの?

出産育児一時金は誰でももらえるのでしょうか。

 

出産育児一人は、妻が働いて、自分で健康保険や国民健康保険に加入している場合や、夫の健康保険の被扶養配偶者になっている場合や、親の健康保険の被扶養者になっている場合が対象になります。

 

仕事をしている妻も、専業主婦の妻も対象者になるのですが、1年以上健康保険に加入して、退職後6ヶ月以内に出産した場合は、働いていたときに加入していた健康保険の機関に出産育児一時金を請求することができるのですが・・・

 

何を言っているかさっぱりわからない!という方は市町村役場や勤務先に確認してみると良いです。

 

流産した場合は受け取れる?

流産、死産でも受け取ることができます。また帝王切開分娩や異常分娩で健康保険が適用された場合も、受け取ることができます。

 

流産・死産の場合は妊娠4ヶ月(85日)以降が対象になり、受け取ることができます。医師の証明をもらって、加入している健康保険に申請をしてください。流産・死産から2年以内だったら請求することができます。

 

支払いはどんな感じ?

現在は直接支払が原則なのですが、小さい医療機関の場合には、妊婦が手続きをして病院へ直接支払われる「受取代理制度」も利用できるようになりました。

 

実際にかかった分娩・入院費が42万円を超えたら差額分を病院へ直接支払います。反対に、42万円より安く住んだ場合には、差額分を振り込んでもらうことができるので、妊娠中で大変ですが、しっかりチェックしておきましょう。

 

国際結婚の場合はもらえる?

国際結婚の場合はどうなるのでしょうか。ママが外国人の場合、パパの被扶養者になっていればもらうことができます。反対にパパが外国人の場合、パパが会社勤めをしていて健康保険に加入していることになるので、もらうことができます。

 

パパが国民健康保険に加入している場合には、在留が一年以上経っている場合には支給の対象となるのですが、一年未満の場合には、市町村役場へ相談してみましょう。許可が降りれば支給の対象になります。

 

出産育児一時金の申請を忘れたらどうなる?

出産育児一時金は、ありがたいのですがつわりが長引いたり、仕事をしていたりすると、なかなか手続きに行けなかったりしますよね。出産育児一時金をもらい忘れた場合でも、2年以内なら申請手続きをすればもらうことができます。

 

これは先に述べた死産、流産も同じです。2年を1日でも過ぎるともらえないので、注意してくださいね。お金のことはよくわからない!と若干パニくる方もいますが、大丈夫です!わからないことは役場や職場に聞きましょう。

 

みんな正直わからないけど、なんとなく手続きをしてお金もらっていますから安心して手続きを進めてくださいね!最後のポイントとしては、人によって受け取れる金額が違いますし、申請方法が違うので、ママ友の意見だけを参考にしないようにしましょう。

 

妊娠・出産関連サイト

葉酸+マカで妊娠しやすい体に!フルミーマカを詳しくチェック!
妊娠したい女性に人気のフルミーマカについて詳しく説明されています。
赤ちゃんが欲しい!!と思っている方は要チェックの商品ですよ^^

更新履歴
このページの先頭へ