妊活 グッズ 初産

高齢出産の女性に効果があった3つの妊活グッズとは?
MENU

36歳初産をささえた3つの妊活グッズ

出産経験者に聞いてみた

35歳でようやく結婚しました。普通ならば妊娠出産は諦める年齢なのかもしれませんが、どうしても子供を授かりたかったのです。

 

そのため結婚と同時にすぐに妊活を始めました。幸いこの年齢のため、友人はすでに出産を経験した人たちばかりでした。そのため私は友人たちに妊活グッズや妊活について色々と聞きまわりました。

 

まだ妊娠してもいないし、簡単に妊娠できる年齢でもなかったので、妊活グッズなど具体的に聞くのは少し恥ずかしいことなのかもしれませんが、元来私の性格はとてもがさつで楽天家のため、難なく聞くことができました。

 

私は3つの妊活グッズを活用しました

妊活グッズのド定番である基礎体温計は絶対必需品です。色々なタイプがありますが、私は体温計に大き目の画面がついていて、そこに体温がグラフ化して見れるタイプのものを使用していました

 

パソコンにつなげるともっと詳しく見れるようでしたが、私は体温計の画面で十分でした。葉酸サプリも妊活中には必須です。葉酸は食べ物からの摂取が難しいそうなので、サプリを選びました。また妊娠初期に必要な栄養素のため妊娠前からの摂取が理想的だと思います。

 

また母親から妊活グッズとして、綿のストールを頂きました。これでお腹を冷えから守れました。主人だけではなく、母親も妊活を応援してくれている証なので、嬉しかったです。

 

3つの妊活グッズは今でも使っています

35歳で晩婚だったのですが、様々な妊活により結婚後半年ほどで妊娠が分かり、36歳で初産を果たすことができました

 

高齢出産ということもあり、周りの人たちがみんな応援してくれました。特に職場の同僚たちが、産休中で仕事を休んでいるにも関わらず、お見舞いに来てくれたことが一番嬉しかったです。

 

妊活グッズの葉酸サプリは妊娠中を通してずっと摂取していました。また綿のストールはとても暖かく自分で洗濯もでき、とても清潔なため、子供が生まれてきた際にもおくるみとして利用しました。そして一番使用頻度が高かった妊活グッズ、基礎体温計は妊活中だけではなく妊娠中を通して健康管理のためにずっと使っていました

このページの先頭へ