<big id="btzhv"><th id="btzhv"><progress id="btzhv"></progress></th></big>

            <big id="btzhv"></big>
            <p id="btzhv"></p>

              <span id="btzhv"><th id="btzhv"></th></span>

                • シンク掃除
                • お風呂掃除
                • トイレ掃除
                • 拭き掃除
                • 網戸掃除

                水流だけでは取れない汚れに直射スプレー & こびりついた黄ばみには酸のチカラ 落ちにくい汚れ編

                毎日毎日、家族全員が使うトイレ。気をつけているつもりでも、汚れが残ってしまったり、硬くかたまった尿石汚れがついてニオイも気になるように…。こうなってしまったら、汚れとの真剣勝負が必要です。エイヤッ!と、汚れを成敗してしまいましょう。

                トイレ用ティンクル製品情報へ
                サンポール製品情報へ

                トイレ用ティンクルなら、ピンポイント直射で汚れを狙い撃ち!

                汚れは付いた時に落とすのが鉄則。でも水流だけでは取れないし、ブラシを使うと今度はブラシの汚れが気になってしまう…。そんなお悩みには、強力噴射の「直射スプレー」があります。しかも、乳酸の働きで除菌消臭効果も。こんなに手軽なら、家族みんなが協力してくれそうですね。

                直射!

                サンポールは、落ちにくい汚れも素早く分解。

                トイレの頑固な汚れには「酸」のチカラ。というのはもうご存じですね?サンポールは、「酸」と「マイナスイオン」の相乗効果で、洗浄パワーに差が出ます。素早くキレイ!をぜひ実感してください。

                サンポール Wの洗浄パワー!

                ポイントを押さえれば意外とカンタン。徹底お掃除のコツ。

                イヤなトイレ掃除は、さっさと終わらせてしまいたいもの。ちょっとしたポイントだけ押さえれば、本当にカンタンですよ。必勝のコツをご紹介しましょう。

                トイレ掃除のコツその1
                洗剤は、便器のフチの裏に、ぐるっと1周かける。

                最も汚れがこびりつきやすい場所にダイレクトに密着させるのがコツ。サンポールのスミズミノズルなら、フチ裏にもしっかり届きます。洗剤液はそのまま便器全体を包み込むように垂れてくるので効率的です。そしてもう一箇所、水が貯まる位置にもぐるっとかけます。2〜3分置いてからトイレブラシでこすって落としましょう。

                トイレ掃除のコツその2
                ニオイが気になるなら、床なども除菌。

                トイレのニオイは、床などへの尿の飛び散りが主な原因。便器掃除の合間に、除菌できる洗剤で拭き掃除をしましょう。タイルの場合はサンポールを薄めて拭き掃除。タイル以外の素材の場合は、トイレ用ティンクルの泡スプレーを使って、手軽にお掃除&除菌をしましょう。

                番外編

                浄化槽式トイレには、「浄化槽サンポール」をご活用ください。汚れを落として、トイレをさわやかな香りで包みます。

                せっかくピカピカになったトイレ。このキレイな状態をなんとかキープしたいもの。そんな時は、〈日ごろのお手入れ編〉をどうぞ!
                <お掃除の時の注意>
                サンポールなど、酸性の洗剤を使用する時は、絶対に塩素系タイプの洗浄剤を混ぜたり、一緒に使用しないようにしましょう。塩素ガスが発生し、少量でも吸入すると危険です。死に至ることもありますので、十分にご注意ください。また、洗剤が直接手につかないよう、ゴム手袋をして掃除しましょう。